サン・ラモン カリフォルニア米国 - 2017年4月12日

メンテナンスフリーのワイヤレスソリューションは、15年以上に渡りビルのスマート化の分野で柔軟性とエネルギー効率を向上させています。 EnOceanアライアンスはビルなどの建物の利用効率を最適化したり、新しいサービスモデルの創生や、ビルなどの建物設計に柔軟性を高めるなど、ビルオートメーションの費用対効果をさらに向上させるエネルギーハーベスティング技術を確立しました。まさに、これからエネルギーハーベスティング技術は新しい応用分野に入ります。日本のEnOceanアライアンスは、長距離無線通信のエンドユーザ向けの製品としてジェネリックプロファイルを組み込んだエネルギーハーベスティング長距離無線通信センサーシステム技術の確立と実装、そしてこの技術のプロモーションを行ってきました。国内の主要通信事業者である東日本電信電話株式会社は、環境モニタリング用として上述エネルギーハーベスティング長距離無線通信ソリューションを採用しユーザーへの提供を開始しました。このソリューションは、EnOcean GmbHの925 MHzの長距離無線システムであり、屋外用環境モニタリング用センサー送信モジュール(EMOS 100 L)、屋外環境モニタリング用受信モジュール(EMOT 100 L)、およびジェネリック・インターフェイスで接続できる温度および湿度センサー、土壌水分センサー、土壌温度センサーおよび照明センサーから構成されています。システムには、超音波、レーダー、人感・害獣センサーなどのセンサーが追加されます。

インテリジェントなビル・建物以外にも、日々の生活の中で遭遇するあらゆるインフラ設備にセンサーの使用による恩恵を受けることができます。ビル・建物のオートメーション以外にも、センサーは、環境モニタリング、災害の事前検知、農作物の最適栽培に必要な情報の収集に使用できます。

環境を効率的に監視するためにはデータ取得が必要ですが、その場合、電池を必要せず通信距離が長く広域で通信できるエネルギーハーベスティングワイヤレスセンサーソリューションは屋外アプリケーションでの使用に理想的と言えます。 EnOcean技術を取り込んだセンサーは、物や人の動き、光または温度差を電気エネルギーに変換する小型のエネルギー変換器より、柔軟でメンテナンスフリーのワイヤレスソリューションを実現します。

「EnOceanアライアンスは、ビルオートメーションとIoT(Internet of Things)のほかに、エネルギーハーベスティング技術による新しいアプリケーション分野と市場の創出に継続的に取り組んでいます」と、EnOceanアライアンスのCEO兼会長を務めるグラハム・マーチンは述べています。」このアプローチにより、屋外用のメンテナンスフリーの長距離無線通信センサーソリューションが実現できます。屋外の用途には、複数キロメートルの距離でも無線通信可能であること、厳しい屋外の天候にも影響されない頑強なハウジングであり適切な構造体になっていないといけないなど、特別な要件が必要性になります。これまで環境モニタリングとしてのほんの一部しか使用されていなかった主な理由は、(電源用)配線を引き回すコストや電池駆動のワイヤレスセンサーの保守コストにあります。今回の新しい開発により電源用ケーブルや電池を使用しないスマートシティやスマートな農業アプリケーションの扉が開かれるようになります。

EnOceanからのエネルギーハーベスティング長距離無線センサーシステム

サブギガヘルツ帯域のEnOcean無線規格(ISO / IEC 14543-3-1x)に準拠したエネルギーハーベスティング無線センサーソリューションは過去15年間使用されて続けています。 EnOceanは、Dolphin(ドルフィン)というブランド名で、自己発電式無線スイッチ、センサー、アクチュエーターで構成される総合的な製品ポートフォリオを提供しています。これらの製品は、世界各地で使用でき、ビル・建物などのオートメーション、スマートハウス、LEDなどの照明制御、産業用アプリケーションに柔軟性且つメンテナンスフリー性をもたらします。

さらに、EnOceanのDolphinポートフォリオには、農業、水位レベル、構造体監視などの複数の屋外ソリューション用のメンテナンスフリーで且つ低消費電力の長距離無線センサーシステムも含まれています。 「過去3年間で、私たちは以前の開発から得られた経験とノウハウを積んだビルディングブロックに基づいて長距離無線通信センサーシステムを開発しました。ここで、重要な技術は、15年以上開発を蓄積してきたエネルギーハーベスティングより電力の蓄電方法およびエネルギー管理システム、柔軟かつエネルギー的に最適化された通信方式、標準化されたデータインターフェイスです。」とEnOceanのCTOで共同設立者のフランク・シュミットは説明します。

標準的なインストールでは、センサートランシーバー、ゲートウェイトランシーバー、センサーの3つの主要コンポーネントが使用されます。センサートランシーバー(送信モジュール)EMOS 100 Lは、3つのインターフェースを備えた堅牢で耐候性の高いハウジングに収納されています。 2つのインターフェースは外部センサーを接続するために使用され、3つ目のインターフェイスは個別のコンフィグレーション設定やソフトウェアの更新を可能にします。内蔵された太陽電池により、完全なメンテナンスフリーつまり自律動作を実現し、数キロメートル以上の離れた距離でも通信を可能とし、設定された時間間隔あるいはイベント発生時にセンサーからのデータを収集し無線伝送します。ゲートウェイトランシーバー(受信モジュール)EMOT100Lは、同じハウジングを使用していますが、太陽電池用の透明な窓はなく、インターフェースを介して受信機用の電源が供給されます。このインターフェイスにより、データをクラウドに転送することもできます。このエネルギーハーベスティング長距離無線センサーソリューションには、センサートランシーバーおよびゲートウェイトランシーバに加えて、温度および湿度センサー(ESO-A)、土壌水分センサー(ESO-H)、土壌温度センサー(ESO-T)および照明センサー(ESO-I)が含まれます。また、超音波センサー、レーダーセンサー、人感・害獣センサーなどのセンサーも追加されます。これらの全てのセンサーは、丈夫な屋外用コネクターを備えたケーブルを介してEMOS 100 Lに接続されています。この目的のためにジェネリックインターフェイスが開発されました。これにより、後でEMOS 100 Lのソフトウェアアップデートを必要とせずにシステムにフレキシブルに新しいセンサーを追加接続することができます。

EnOceanは、日本のセンサ―メーカであり且つシステムインテグレーターであるサイミックス㈱とパートナーシップを組んでいます。サイミックス㈱はEnOceanからEMOS 100L、EMOT 100Lの供給を受け、堅牢な筐体を準備・組み立て、(システムを設置に使用するポールとクランプシステムなどを揃え)、完全なセンサーシステムとして供給しています。

エネルギーハーベスティング分野とさまざまなワイヤレス規格に基づいたアプリケーションに関するEnOceanの幅広い専門知識により、エネルギーハーベスティング無線技術はいろいろなアプリケーションに渡り、効率性、安全性、コスト削減をもたらします。メンテナンスフリーの低消費電力長距離無線ソリューションは、農業、水位レベル、構造体監視などの複数の屋外ソリューションのほか、スマートパーキング、セキュリティ、自動販売機、メーター監視などのさまざまなスマートシティアプリケーションを可能にする、新しい種類のアプリケーションへの扉を開きます。

EnOceanアライアンスについて

ビル・建築分野の世界の大手企業は、EnOceanアライアンスに加盟し、持続可能なビルプロジェクトのための革新的な自動化ソリューションを確立し、ビル・建物のエネルギー効率と柔軟性をより向上させ且つコスト削減を進めています。アライアンスのコアテクノロジーは、配線や電池を使用しないためどこにでも設置できることとメンテナンススフリーのセンサーソリューションのためのエネルギーハーベスティングワイヤレス技術です。 EnOceanアライアンスの目的は、エネルギーハーベスティング無線技術を国際化することやOEMパートナーの製品間の相互運用性を確立することなどです。国際規格については、超低消費電力とエネルギーハーベスティングによるワイヤレスソリューションに最適化された国際規格ISO / IEC 14543-3-1Xがあります。現在、EnOceanアライアンスには400以上の企業の加入があります。非営利団体の組織で、本部はカリフォルニア州サン・ラモンにあります。

EnOceanについて

EnOcean GmbHは、Dolphinブランドで提供されているエネルギーハーベスティング無線技術製品の開発元です。エネルギーハーベスティング無線技術はEnOceanの特許です。ミュンヘン近郊のオーバーハヒングに本社があります。ビルおよび産業オートメーション、スマートハウス、LED照明制御に使用されるモノのインターネットのバッテリレスアプリケーション用のメンテナンスフリーワイヤレスセンサーソリューションを製造、販売しています。 EnOcean製品は、EnOcean、ZigBee、Bluetooth Low Energyなどとのオープンワイヤレス規格のための小型のエネルギー変換器、超低消費電力且つ信頼性の高い無線技術の電子機器があります。多くの主要な製品メーカーは、過去15年間、システムソリューションにEnOceanワイヤレスモジュールを使用しており、世界中で数十万のビル・建物に設置・導入しています。 詳細については、www.enocean.comをご覧ください。

コンタクト先

ジーナ・クルート(Gina Klute)
T +49.89.67 34 689-76
E: gina.klute-delete this text-@-delete this text-enocean.com
www.enocean.com

板垣一美(いたがきかずよし)
+ 81-80-1295-9576
E: kazuyoshi.itagaki-delete this text-@-delete this text-enocean.com
www.enocean.com