エネルギーハーベスティング無線技術で世界的リーダーであるEnOceanは、農業用途、河川の水位レベル測定など様々な環境モニタリング向けに“Dolphin(ドルフィン)”ブランドとしてメンテナンスフリーの超低消費電力の長距離無線システムを日本市場に供給開始しました。上記アプリケーションのセンサーシステムは、異常な天候でも問題なく動作する必要があります。EnOceanのエネルギーハーベスティング長距離無線センサーシステムには過酷な条件でも耐え得るアルミニウムダイキャスト製ハウジングの自己発電型無線センサー・トランシーバー(EMOS 200LH)とゲートウェイ・トランシーバー(EMOT 200LH)から構成されています。この長距離無線ソリューションのセンサー・トランシーバーには、EnOceanが定義したジェネリックインターフェイスと呼ばれるインターフェイスがあり、各種センサーあるいは様々なセンサーを組み合わせて接続を行う際、センサー・トランシーバーのソフトウェアのアップデートは必要ありません。現在までに8種類のジェネリックインターフェイス対応のセンサーが準備されています。

EnOceanのエネルギーハーベスティング長距離無線センサーソリューションは、大雨、凍結、強風、直射日光など厳しい条件が要求される農業分野で既に採用され稼動しています。農業分野での使用の他には雨や海水に直接さらされるビルなどの建物や橋梁の監視、河川や海岸での水位計測、化学プラントのタンクの温度や流量の測定、駐車場の入口・出口の管理、および距離と水温などの測定といったさまざまな海洋アプリケーションも含まれます。

屋外用環境モニタリングのための自己発電型長距離無線センサーシステム

耐候性の高いアルミニウムダイキャスト製ハウジングのEMOS 200LHおよびEMOT 200LH

センサー・トランシーバーEMOS 200LHは、3つのM16インターフェースを備えた堅牢で耐候性の高いハウジングに収納されています。 2つのインタフェースは外部センサーの接続に使用され、3つ目のインターフェースは個々のコンフィグレーションとソフトウェアの更新を可能にします。 内蔵の太陽電池により完全なメンテナンスフリーの永続的な動作が可能です。各センサーへの電力供給以外に定義された時間内にセンサーからのデータの収集を行い、数キロメートル以上の無線送信を行います。 ゲートウェイ・トランシーバーEMOT 200LHは、同じハウジングを使用していますが、太陽電池用のウィンドウがありません。M16のインターフェースを介して電源供給され使用される設計となっています。 また、このインターフェースにより、データをクラウドに転送することも可能になります。

EMOS 200LHEMOT 200LHは、頑丈で耐水性が高く10年以上の使用が可能です。 アルミニウダイキャスト製ハウジングは、優れた耐温度性、耐湿性、防水性、耐光性、耐塵性を備えています。

センサーポートフォリオの拡大

EnOceanの長距離無線ソリューションには、センサー・トランシーバーとゲートウェイ・トランシーバー、温度湿度センサー(ESO-A)、土中水分センサー(ESO-H)、土中温度センサー(ESO-T)および照明センサー(ESO-I)があります。この他、人間(及び動物)検知用の人感センサー(ESO-O)、距離測定や物体検知用の超音波センサー(ESO-P)、穀温計(ESO-R)、タンク内の液体温度測定用センサー(ESO-S)などのセンサーが今までに準備されています。これらのセンサーは、丈夫で屋外用途向けのM16インターフェイスのプラグを有するケーブルを介してEMOS 200LHに接続されます。各種センサー及びいろいろなセンサーと組み合わせてEMOS 200LHに接続する都度、EMOS 200LHのソフトウェア更新が必要ないように開発されたのが、ジェネリックインターフェイスです。また、ビニールハウスや温室用の二酸化炭素センサー(ESO-C)とビル・支柱などのインフラの傾き角を計測できる傾斜センサー(ESO-N)などのセンサーも開発し、現在フィールド試験中です。

日本で信頼性が立証され採用に至った環境モニタリング用エネルギーハーベスティングソリューション

北海道から沖縄まで日本国内の様々な場所で、EnOceanエネルギーハーベスティング長距離無線センサーソリューションが導入されています。日本の主要通信事業者の1社である東日本電信電話株式会社は、EnOceanの長距離無線システムが屋外に設置された場合、高温または低温、高湿度、台風、雨、雪、海水、そして農薬や糞尿の散布などにより問題を引き起こすかどうかを確認するために、2013年以来、全国の各地の暴露試験場や圃場、またビニールハウス・温室でフィールドテストを開始しています。その結果、EnOceanのエネルギーハーベスティング長距離無線センサーソリューションは、いろいろな環境条件の厳しいところでも、信頼性が高く高品質の製品であることが証明されました。さらに、これらのフィールド試験期間中に電池交換が不要かつ電源配線が不要なエネルギーハーベスティングのセンサーシステムは設置及び運用コストの大幅な削減が実現できることを立証しました。東日本電信電話株式会社は、エネルギーハーベスティングに基づく環境モニタリングのための長距離無線センサーソリューションをエンドユーザに既に提供し始めています。

ユニークな利点

エネルギーの節約

ドルフィン製品の利用によりエネルギー消費を節減できます。

コスト削減

自己発電型無線ソリューションは設置導入及び維持管理コストの節減につながります。

短時間で行え柔軟性に富んだ設置導入

メンテナンスフリー無線システムは短時間での設置導入と容易な設定が可能です。

購入先

板垣一美, セールスマネジャー
M +81.80.1295-9576
kazuyoshi.itagaki-delete this text-@-delete this text-enocean.com