ソーラーセル - エネルギーハーベスティング無線センサー用エネルギーコンバータ

ソーラーセルは光を直接電気エネルギーに変換することが可能です。ほとんどのソーラーセルは、シリコン材料から構成されています。EnOceanのシステムでは、比較的長い間照射される場合ソーラーセルにより作られたエネルギーを蓄電し、必要なときに使用できるようになっています。実際には、省エネ化を行うためタイマー機能で発電に必要な光がない場合は、測定データの送信間隔を調整するようにしています。ソーラーセル駆動の無線センサー STM 110 (868 MHz) / STM 110C (315 MHz), STM 250, STM 300 (868 MHz) / STM 300C (315 MHz)の詳細については、こちらをご覧ください。

ECS300 / ECS310 – エネルギーハーベスティング無線センサー用ソーラーセル

Solar cell for energy harvesting wireless sensors

ECS 310:の詳細情報:

  • ECS310: 50.0 × 20.0 × 1.1 mm
  • ECS310はEnOcean スマートAck技術を用いる双方向通信のアプリケーション用

ECS 300の詳細情報:

  • ECS300: 35.0 × 12.8 × 1.1 mm
  • 小さいサイズのECS300は片方向通信アプリケーション用

EnOceanのエネルギーハーベスティング

EnOceanのエネルギーハーベスティング無線センサー技術は、環境からエネルギーを取得します。私たちの周りのエネルギー、例えば、運動エネルギー、圧力、光、温度差が電気エネルギーに変換されます。小型のエネルギーハーベスタと非常に効率の高い無線技術の組み合わせがビルオートメーションや産業オートメーション用のメンテナンスフリーの無線センサーソリューションの実現を可能にしています。